レビトラやそのジェネリックなど、ED治療薬として様々な種類の薬があってどれにすればいいのか悩んでいる人も多いと思います。そんな人のためのサイトです。

  • ホーム
  • レビトラとファイザーの治療薬バイアグラの違い

レビトラとファイザーの治療薬バイアグラの違い

レビトラは、ED治療薬で有名なファイザー社のバイアグラの欠点を改善するために開発されたバイエルの治療薬です。
そのため、ファイザーのバイアグラとの大きな違いを理解しておくと役立ちます。

バイアグラは、性交の1時間前に服用しなければ効果が出ませんが、レビトラは30分または15分で効果が出ます。
きわめて即効性が早いのが特徴です。
また、バイアグラは空腹時に服用することになっていますが、レビトラはあまりその制約を受けません。
そのため、突然、女性とのチャンスが巡ってきたときに、レビトラの方がとても有利です。

二つの違いは有効成分の違いに有ります。
バイアグラの有効成分は、クエン酸シルディナフィルです。
EDは通常、高血圧や糖尿病など、血管の障害でペニスへの血行の流れが悪くなって起きます。
そこで、クエン酸シルディナフィルが血管の障害で流れが悪くなっている拡張を邪魔するPDE5という酵素を阻害し、血管の拡張を助けて血行を良くします。
これがバイアグラの仕組みです。
しかし、欠点は、空腹時に飲まなければ血管に取り込まれにくいという点でした。

それを改善するため、アスピリンで有名なバイエル社はその同じ仕組みをつかって水に溶けやすいバルデナフィルという成分を使って成功させました。
それがレビトラです。
水に溶けやすいために、血管に早く浸透し、拡張効果を出すことができます。
また、水の解けやすい性質があるために、バイアグラのような食事の影響も受けにくいです。
そのため、即効性があり、チャンスを逃さずいつでも使えるという点が大きな違いです。
ただし、個人差はありますができれば空腹時に服用したほうが血管に取り込まれやすく効果は出やすいです。

関連記事