レビトラやそのジェネリックなど、ED治療薬として様々な種類の薬があってどれにすればいいのか悩んでいる人も多いと思います。そんな人のためのサイトです。

お知らせ
    青いカプセル

    レビトラに限った話では無いのですが、ED治療薬は人気が高い一方で日本では保険が適用されないのでかなり金銭的な負担が大きくなってしまいます。
    それでもレビトラを利用するのがほんの一回や二回程度であればそこまでの負担にはならないですが、服用する回数が積み重なれば重なる程、トータルでの金銭的な負担を無視する事は出来なくなってきます。
    そこでレビトラを利用したいが金銭的な負担を抑えたいという人にはバリフなどのレビトラのジェネリックがコスパにも優れているので適しています。
    最近では日本でもジェネリックを普及させようとする動きが活発であるために、ジェネリックとは何なのかについてはすでに知っている人も多いかもしれないですが、ここでも簡単に説明をしておきます。
    通常は医薬品は莫大なコストをかけて苦労して作り出されているために、その権利を保護するために特許で守られています。
    しかし、特許には有効期限があってずっと権利を独占できるという訳では無く、特許が切れた医薬品を真似て作られたのがジェネリックです。
    ジェネリックの場合は既知の成分を用いるので製造販売するための研究開発にかかるコストが大幅に抑えられ、その分販売時の価格が先発薬よりも安くなっているのです。
    だからこそ価格が安いと言っても効果はほとんど同じであり、安いからと言って粗悪品であるのではないかと心配する必要はないです。
    また、そうした理由もあるからこそ医療費の負担を少しでも減らすためにジェネリックの利用を推奨する国が増えており、日本でもジェネリックの使用を普及させようとしています。
    だからこそ、レビトラのジェネリックについてもコスパの事を考えれば積極的に利用した方がお財布にも優しいです。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    最近の投稿
      アーカイブ
        サイト内検索